ふるさと納税のおすすめ特集

迷ったときは、コレ! ふるステ担当者おすすめ返礼品《第一弾・後編》
  どの返礼品を選べば良いかお悩みの方へ、 「迷ったらコレ!」という返礼品をリコメンドする、「スタッフおすすめ返礼品」特集。 後編の今回は、西日本エリアから3品をご紹介します。 「ミナミマグロ(静岡県焼津市)」「アジフライ(長崎県松浦市)」「大崎牛(鹿児島県大崎町)」、 どれも「ふるステ」スタッフが全力で太鼓判を押す、鉄板の返礼品です。 是非、寄附先選びの参考にしてみてください。         静岡県焼津市内の「焼津港」では、4種類のマグロ(ミナミマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ)が 水揚げされます。なかでも、ぜひ味わっていただきたいのがミナミマグロ! 焼津市の特産品であるミナミマグロは、クロマグロと同様に高級魚として知られています。 伝統漁法である「はえなわ漁法」で釣り上げられたミナミマグロは、 船上で素早く凍結処理され、鮮度を維持したまま市場へと運ばれるので、 ご家庭でもベストコンディションでお召し上がりいただけます。 「赤いダイヤ」と評されるその身は適度に引き締まっており、トロは甘みのある脂が特長で、 赤身はクセがなく、口の中で濃厚な旨味が広がります。 もちろん、そのまま「お刺身」として食べるも良し、ご飯の上に乗せて「マグロ丼」にするも良し。 自分だけのオリジナルでお楽しみください。 他にも、柔らかくて食べやすい「ねぎとろ」や、様々な料理に使える「ツナ缶」など、 マグロの加工品も豊富に揃っています。 ぜひこの機会に焼津市の新鮮なマグロをご賞味ください。           長崎県松浦市は2019年4月27日「アジフライの聖地」を宣言しました。 日本全国の漁場は数あれど、年間を通してコンスタントに月1,000トン以上のあじの水揚げがあるのは、 全国でも松浦市だけ! あじの多くは日本海側、特に松浦沖対馬暖流域に集中しており、その数、太平洋側の約10倍。 「松浦沖はあじにとって日本一住み心地のいい海」という専門家もいるくらいですから、 松浦市のアジフライは特別です。 一本釣りしたあじを神経締めしたアジフライ、魚市場隣接の加工場で鮮度を保持してつくったアジフライ、 丁寧な骨抜きとパン粉づけのこだわりのアジフライ、など、こだわりの味をお楽しみいただけます。 「あじの水揚げ量日本一」を誇ってきた松浦市がお届けする「本気のアジフライ」。 一度食べたら、あなたのアジフライ観が変わってしまうかも…!           鹿児島県大崎町が誇るブランド牛「大崎牛」のコンセプトは、「大崎町で生まれ育った牛」であること。 そのため大崎牛は、三代祖、つまり曾祖父にあたる種牛までが、羽子田さんの人工授精所で生まれ育った種牛であることを 「大崎町生まれ」の条件にしています。 羽子田人工授精所は、1962年の創業で、種牛界のスーパースター「隆之国」を生むなど、 全国的に評価の高い人工授精所で、種牛の出荷が2カ月待ちになっているそう。 ここの所長、羽子田氏の「肉牛の人工授精から繁殖、肥育を大崎町内で行える土地の利を活かしたブランド和牛を育てたい」 という思いから生まれたのが「大崎牛」です。 ぜひ、この機会にきめ細やかな肉質とバランスのよい霜降りで和牛本来のうま味を持つ「大崎牛」をご堪能下さい。  
もっと見る
迷ったときは、コレ! ふるステ担当者おすすめ返礼品《第一弾・前編》
    「ふるステ」には魅力的な返礼品がたくさん並んでいますが、「種類が多すぎて、どれを選べば良いか分からない!」という方も多いのでは?  そこで今回は、返礼品のことを知り尽くした「ふるステ」スタッフおすすめの返礼品をご紹介します。 前編は東日本エリアの厳選3品、「いくら(北海道白糠町)」「ほたて(北海道紋別市)」「フルーツ(山形県山形市)」です。 どれを選んでも、きっとご満足いただけるはずです!               オススメの「いくら醤油漬け500g」は、とにかく新鮮! 鮮度と旨みを逃さないよう、こだわって製造されています。 10℃以下に冷やした塩水(一般的な水道水は14~15℃)で4工程の洗浄作業を素早く行い、おなかから取り出した30分以内には薄味の醤油に漬かっています。さらに、醤油から上げたらマイナス196度の窒素瞬間冷凍をおこない、パック内の酸素を窒素に置き換えることで酸化を防止。鮮度と品質を徹底的に保持し、“鮭のおなかにある卵そのままが製品になっている”と言って良いほどの新鮮さを実現しています。 しかも、250gずつ2パックに分かれているから使いやすく、いつでも獲れたての味をお楽しみいただけます。 おすすめはやっぱり、アツアツの炊き立てごはんにいくらを贅沢にかけ、豪快にほおばる食べ方です。「生きてて良かった」と感じる最高の瞬間が訪れますよ!                 紋別市のホタテは、プリっとした歯ごたえと弾力、濃厚な甘みと旨味が凝縮されているのが特長。そのヒミツは、「地撒き式」という養殖方法にあります。稚貝を4年間海底に放流して自然の中で成長させるため、流氷が運んでくる栄養たっぷりの天然のプランクトンの恵みを受けすくすくと育ち、理想的な食感と味に仕上がるというわけ。 急速冷凍機で素材の旨味と新鮮さを逃がすことなく、ギュッととじ込めたまま凍結されているので、食べたいときは前日の夜にお皿にとってラップをかけ、冷蔵庫に入れて一晩解凍するだけでOK。北海道らしくバターと一緒に「バター醤油焼き」なんかもおすすめですが、ホタテをしっかりと味わいたいなら「刺身」で食べるのが一番です! 召し上がった方からは「スーパーで売られているホタテとは違う」「こんなに美味しいホタテを食べたのは初めて」「リピーターです」などの嬉しいレビューを沢山いただいている、自慢の一品です。                   山形市にたくさんある特産品のうち、とりわけ多くの方に選ばれているのがフルーツです。 初夏には「赤い宝石」と称される「さくらんぼ」。夏真っ盛りの8月にはふわっと甘い匂いが鼻をくすぐる「もも」。夏から秋にかけてはデラウェアやシャインマスカットなどの「ぶどう」。11月には、なめらかな舌触りで上品な甘みとやさしい酸味、心地よい芳香が楽しめる果物の女王「ラ・フランス」。12月にはシャキシャキとした食感と甘い蜜を味わえる「りんご」。2月から3月にかけては、春の訪れを感じさせる可憐な「いちご」と、多彩なフルーツに一年中出会うことができます。 山形市では、「感染症に強いまちづくり」や「アフターコロナにおける地方創生の推進」を視点とした新たな施策・事業を加え、健康寿命の延伸やまちの魅力を高めるための取組を加速し、健康医療先進都市の確立と地方創生に向けた取組を強化しています。ぜひ一度山形市のふるさと納税のページをご覧いただき、山形市への応援をお願いします。    
もっと見る
これ読んで、知ったかにさようなら。令和版「三大和牛」特集!
    ふるさと納税で絶大な人気を誇る返礼品といえば、ずばり「和牛」。 その中でも、「三大和牛」と呼ばれる高級ブランド牛は特に有名ですが、皆さん、3ブランドが何か、ご存知ですか? 正解は、「神戸牛(神戸ビーフ)」「松阪牛」「米沢牛」。(諸説あり、「米沢牛」の代わりに「近江牛」を「三大和牛」にカウントすることも多いようです) これらブランド牛は、普段はなかなか手が出ない高嶺の花。しかし、ふるさと納税の返礼品としてならばチャレンジできそうですよね。 今回の特集では、憧れのブランド牛「三大和牛」それぞれの特徴と、人気の返礼品をご紹介します。           神戸牛(神戸ビーフ)とは?   生まれも育ちも兵庫県内の但馬牛(たじまぎゅう)で、子供を生んでいない未経産牛(または去勢されたオス牛)のみに限定。 霜降り具合の指標「BMS」で12段階中の「6」以上(=肉質等級に換算すると5段階の4相当以上)という厳しい条件をクリアしています。 なお、正式名称は「神戸ビーフ」ですが、一般的に「神戸牛(こうべぎゅう)」と呼ばれることも多いようです。     肉質は?   脂肪が肉に細かく入り込んでおり、融点が低いのが特徴。 舌にのせた瞬間に溶けはじめて、濃厚な旨味を楽しめます。     ↓神戸牛の返礼品ランキングをチェック!↓           松阪牛とは?   全国各地から集められた優秀な黒毛和種の子牛を、三重県松阪市とその周辺地域で育てたもの。未経産牛で、牛肉枝肉格付などシステムの条件を満たしているものに限定されています。 細かい格付けがあり、特に900日以上肥育された肉牛は「特産松阪牛」と呼ばれます。 ちなみに、「松阪牛」の読み方は「まつさかうし」「まつざかぎゅう」が正しく、「まつざかうし」「まつさかぎゅう」は誤り。     肉質は?   最大の特徴は霜降りの美しさ。「肉の芸術品」とも呼ばれています。 甘くて上品な香りがあり、舌ざわりが良い柔らかな肉質です。     ↓松阪牛の返礼品ランキングをチェック!↓           米沢牛とは?   冬は豪雪、夏は高湿度・高気温という気候を持つ山形県置賜地方(米沢市を含めた3市5町)。 ここで飼育された肉牛のうち、「黒毛和種」「未経産牛」「生後32カ月以上で3等級以上の肉質(日本食肉格付協会)」などの条件を満たしたものが「米沢牛」です。     肉質は?   厳しい気候に育まれた、良質な身の締まりと脂肪ののりの良さが特徴です。 甘みのある赤身も、通な牛肉マニアに支持されています。     ↓米沢牛の返礼品ランキングをチェック!↓       どのブランド牛も、こだわりが半端じゃありませんね。美味しそう…! この特集を読んで「三大和牛」への興味が高まった方、今度はふるさと納税の返礼品で、ぜひ実際に味わってみてください。
もっと見る